2011年03月14日

ちょっとまとまってないけど、とりあえず。

どーもー。まがりなりにも市役所防災担当な四十万です。

とりあえずなんかしようと思って小分けに募金してみたはいいけど
実はまだ日赤すら受け入れ態勢整ってなかったね。あはははは。
まあ、色んなところに小分けして寄付してるんで、
どれかは普通に役に立つでしょう。
多少目減りするかもしれんけど。

その他諸々についてですが。

とりあえず
・テレビの報道に惑わされないで欲しい
・慌てるな!

なんか毛布が足りてないとか報道されたりして
毛布を送ってやりたいんだけどどうすればいい?
みたいな電話が沢山かかってきましたが。

被災地側に受け入れ準備が出来てないのに送ることはできませんぜ。

毛布に限らず、衣類等も「足りない」と報道されたりしますが
だからといって使い古しを送られても困るという事実。
他の国内の震災でも、送られてきた大量の衣類等が
使われることなく廃棄されたりしたという事例もありまして。
それどころか保管場所を圧迫したり、分別に手間隙かかっちゃったり。
やるなら政府や地元自治体の発表を元に、
募集しているモノをちゃんとした形で寄付しましょう。

また、都道府県レベルで市町村に対して「支援可能な物資の確認」が行われております。
ウチんところは滅菌済の毛布を中心にその他多少の支援は可能となっています。
逆に言うと、その程度までしかまだ準備が出来てないわけで。

市町村独自のお金や物品の寄付募集はありません。
するとしてももう少し先の話になるかなと。

また、ボランティアに関してですが。
とりあえず今は素人にはまだ何も出来ません。受け入れ態勢できてないので。
受け入れ態勢ができたとしても、何も知らない人が行ったところで何も出来ません。
ボランティアをやるなら、ちゃんとしたNPO等の募集に応募して
出来る事について勉強した上で、組織の一員として動いて下さい。
個人で行っても何も出来ません。

あと、お金での寄付について。
さっきもちょろっと書きましたが、日赤こと「日本赤十字社」は
まだ受け入れ態勢ができていません。
ネット上で各種寄付が受け付けられていますが、まだプールされている状態です。
また、「ふるさと納税」という、自治体に寄付する制度があります。
こちらは都道府県や市町村に直接寄付できるし、いつでも受け付けております。
詳しくは該当組織にお問い合わせ下さい…と、言いたいところですが。
もう少し落ち着くまで待ってから手続きをしてあげて下さい。
気持ちはありがたいですが、おそらくは超多忙状態。
また、お金が本当に必要になるのは、復興事業への目処がついてからとなります。
尚、自分はふるさと納税も担当してたりします。

まあ、結論として

「落ち着け!もうちょっと待て!」

ということで。

自分にも言い聞かせております。
posted by 四十万 at 18:45| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。